日立柏サッカー場

■正式名称:日立柏サッカー場
■住所:千葉県柏市日立台1-2-50
■オープン:1985年
■収容人数:15900人

◆スタジアムグルメはこちら

◆2016.5.22「熊本地震復興支援マッチ」
 J2 熊本-水戸戦の様子はこちら

1985年、日立製作所サッカー部が東京都小平市から現在の柏市に移転した際に、その試合会場として柏市日立台公園内に収容人数5000人でオープン。柏レイソルがJリーグ参入の際、建設予定だった柏の葉公園総合競技場を本拠地とし、完成後は移転する事を前提として、暫定的に日立柏サッカー場をJリーグ基準に沿ったスタジアムに改修工事を行う事で準承認を取り付けた。 しかし、柏の葉公園総合競技場が完成後も、本拠地移転に関してはサポーターの大反対にあい、現在でも公式戦の多くは同サッカー場で開催されている。
現在、大規模な改修案も出ているが、色々と問題が重なり進展はしていない。


■JR常磐線・東武野田線「柏」駅より徒歩20分
■東武野田線「新柏」駅より徒歩15分

最寄り駅はJR常磐線・東武野田線「柏」駅。「柏」駅からはスタジアムまでは1.5km程距離はあるが、「レイソルロード」を通っていくと20分程で到着する。距離的には東武野田線「新柏」駅からのほうが近いが、利便性を考えるとこちらをおススメする。
また、駅前からは路線バスも運行(片道160円)し、試合開催時にはキックオフ1時間前からキックオフ1時間後までの間は増便もされる。ただ、バスの乗車場所が少しわかりづらい所にあり、渋滞にはまってしまう事も多いので、天気がよければ歩いていったほうがいいと思う。



【出かける前に】

日立柏サッカー場の天気
Yahoo!路線検索


 
 
スタジアムは日立柏総合グラウンド内にある。敷地自体は広いものの道が狭く、混雑は避けられない。 スタジアム周辺にはあまり店はないので、買出しは駅周辺で予め済ませておいたほうがよいだろう。

 
元々あった5000人規模のスタジアムを1985年にJリーグ規格に作り直したものだが、柏の葉公園総合競技場の建設が完成するまでのつなぎとして考えられていたため、メインスタンド中央部以外は鉄骨製で仮設スタンドのようなものになっている。
また、スタジアムに隣接するサブグラウンドにはトップチームの練習場も併設され、試合開催日はイベントも行われている。

・増築工事と共に、市民寄付によるホームゴール裏の正門「柏シヴィックプライドゲート」も設置された。
・2012年、西側ゴール裏スタンド(旧アウェー側)の増築工事を行い、二層式のスタンドに変更。 それに伴い、ホーム、アウェーが入れ替えり、増築されたゴール裏スタンドは「柏熱地帯」と名付けられた。
・ゴール裏スタンド後ろのスペースには屋台が並ぶ。

 
 
バックスタンドコンコースは狭く、薄暗いうえにトイレの数も少ない。階段を上がったところにあるメインスタンドのコンコースもあまり広くはないが、オフィシャルのグッズショップが常設されている。
 
 
コンコースは公園の敷地の一部も含めて考えられているので、所々に広々とした場所が用意されている。
 
2007年ぐらいからアウェーゴール裏スタンドの後ろに隣接しているテニスコート内にケータリングカーが多数集まるフードコートも設けられている。 最初はアウェーサポーターも利用できたが、一部サポーターの愚行により現在は利用できない。

収容人数は15900人、座席だけでも12000席用意されているらしいが、そんなにあるようには見えない。
メインスタンド中央部は他のスタンドに比べると高さもあり見やすいのだが、昼間のゲームではバックスタンドに向かって陽が傾いていくのでかなりまぶしい。
 
典型的なイングランド型と呼ばれる箱型のスタンドは、一時的に使用する事を前提に改装されたため、メインスタンド中央部以外は鉄骨製の簡易な物で、現在では老朽化が著しく高さも傾斜もあまりない。しかし、他の競技での使用を考慮していない純粋なサッカー専用スタジアムであるが故に、スタンドからのピッチの近さは日本有数で臨場感抜群である

 
 
 
ゴール裏スタンドに比べると少し距離はあるが、バックスタンドから見るタッチラインの攻防も迫力満点である。
 
以前はホームゴール裏スタンド上部にある得点掲示板だけだったが、2005年にアウェーゴール裏スタンドのバックスタンド寄りには大型映像装置が設置された。大型映像装置は建設現場の足場のようなところに備え付けられているが、もう少し何とかならないのだろうかと個人的に思う。   
 
 
ホームゴール裏スタンドはすべて立見席だが、アウェーゴール裏スタンドは前半分がベンチシート、後ろが立見席と違う構造になっている。

 

・隣接するグラウンドは柏レイソルの練習場として使用されている。その際、バックスタンドのコンコースは練習見学のスペースとして開放される。

・増築工事のJリーグ届出収容人数は15349人。工事前は15900人収容で届けられていたが、実際には13000人程度しか入れず基準を満たしていなかった。
・メインスタンド西側も一部増築を行った。
・増築された西側ゴール裏スタンド。一層目は従来のスタンドをそのまま使用し全て立見席へ変更、新築された二層目は全て座席となった。
・スタンドの構造上、一、二層目は繋がっていない。 一層目は従来通りスタンド両サイドから、二層目にはスタンド裏の階段を上がって入場する。
・増設工事に伴い、大型映像装置は東側スタンド(アウェー側)に移設されている。

inserted by FC2 system